ホーム > 診療メニュー > 一般歯科の治療について

一般歯科の治療について

健康な歯を長く残すためになるべく削らない、抜かない治療を心がけています

健康な歯を長く残すために、どうするか。なるべく削らない、抜かない治療を心がけています

歯科治療は日々進化しています。
当院では、できるだけ長く健康な歯を維持していただくことを第一として、虫歯の治療も考えています。

そのためには、「虫歯にならないこと」がもっとも大切。日頃から予防に力を入れ、治療が必要な際もできるだけ削らないように、できるだけ抜かないようにという方針をとっています。

すべては、患者さまの歯の健康のため。
宮園歯科医院の基本姿勢です。



機械ばかりに頼った治療は行いません!

象牙質部分でとどまっている虫歯の場合は、できるだけ機械を使わずに、「エキスカベータ」という手で扱う器具で、虫歯菌におかされた象牙質部分を掻き出すようにしています。

通常歯科医が使っている機械では力が強く勢いがありますので、象牙質を削っていく段階で「歯髄」という部分まで達してしまう確率が高くなります。歯髄にまで達してしまいますと、神経をとることが必要になります。

歯髄が保たれている歯を生きている木だとすると、歯髄がなくなり神経を失った歯は枯れ木のようなものです。
治療を終えて歯を残すことができても、割れやすくなったり、歯根の部分に膿の袋ができてしまったりして、歯の寿命が短くなります。

エキスカベータを使った治療では、力を微妙に調整しながら象牙質の虫歯部分を丁寧に掻き出すことができますので、歯髄まで達することが少なくなります。

重い虫歯では、歯髄まで削る必要があります。
その場合には、神経を抜く治療が必要な旨をご説明し、機械を使って治療を行います。

インレーブリッジなど削る部分の少ない治療

インレーブリッジなど削る部分の少ない治療

歯を失ったときにおこなう一般的な治療がブリッジです。両隣の健康な歯を削って支えにして人工の歯を入れる方法です。この方法でも、当院ではできるだけ健康な歯を削る面積を少なくする方法を採用しています。
それが、インレーブリッジです。

通常は、健康な歯の表面を全体的に削る治療になりますが、インレーブリッジでは、前後の部分を傷つけずにブリッジを渡します。
ブリッジ治療の最大の欠点である「健康な歯の寿命を縮める」という点を、できるだけ軽くおさえようという工夫です。

初期虫歯への対応

虫歯は早期に発見することが大切です。虫歯になる前兆の状態で歯の表面がチョークのように白くなってしまう状態があります。この初期虫歯は、歯磨きをしっかりと丁寧にしていただくことで、再石灰化が起こり自然に治ることがあります。
当院では、定期的なチェックで虫歯の兆候を見逃さずに、初期虫歯ができている場合には歯磨きをご指導しています。
またフッ素を塗布することで、虫歯にならないようにケアしていきます。

親知らず生えていると知ってて放置してませんか?

親知らずの生え方によっては他の健康に生えてきている歯を押してしまい、歯並びに影響を与えることがあります。
また、親知らず周辺の歯は歯磨きの際、歯ブラシの毛先が届かず磨き残しをしやすくなり、親知らず周辺の歯は虫歯や、歯周病になりやすくなります。
抜いた方がいい場合と、抜かなくて済む場合についてはお気軽にご相談下さい。